長野県中野市の大工・矢嶋建築。長期優良住宅+通気断熱WB工法で、快適で災害時にも対応できる長寿命住宅!

TEL055(972)5544

はじめての方へ

矢嶋建築 代表・棟梁 矢嶋一也

初めまして。 矢嶋建築の代表で、棟梁の矢嶋一也です。
先ずはホームページにお越しいただき、このページをご覧いただきありがとうございます。

私、矢嶋一也は中野市で小さな小さな工務店を営んでおり建築大工として現場に出て、そして建築士として設計事務所を併設してます。私は祖父・父より引き継いで3代目の大工・工務店です。
父から見ると私はなかなか反発心の強い息子でして、父への反抗心で長野工業⾼校に行くも学科は工業化学科、社会人一年目は長野市にある機械加工の会社。お客様の顔が見えない仕事に違和感を感じ、家業の大工を志事にと決め、この建設業界には24歳で入職しました。
20年くらい前までは年間3棟から5棟の新築。社員大工さん3名位、Max5名で現場の切盛りしていました。元請あり、下請けあり現場が2か所、3か所とあの頃はいい時代でした。その後から少しずつ着工件数が減り、大工さんも自然に減りはじめました。
これから、どうしていけばいい?手間請じゃ親会社のやり方で工事しないといけない。時々出てくる我の強い私は、親会社の監督さんとぶつかる事もちょいちょい。自分はこの業界で何とか一般のお客様と一緒に家づくりをしていきたい。そんな思いもあって、色々な工法を調べた末、長野県発祥のWB-HOUSE に自分の未来を託しました。でも、WB-HOUSEをうたってる会社はこの北信に沢山ある、それだけじゃ生き残れない。なんか考えないと・・・
そんな時、当時の福田官房長官が言った『200年住宅ビジョン』をニュースで観ました。私は、いいじゃん!って思いました。日本の住宅の平均寿命って30~40年って短くないか?と思っていた私は、内容もよく理解もせずに直観的に、『これからの日本の住宅はこれだ!』と。こんなところが長期優良住宅に向けての出発点でした。
そのころは、今から思いおこせば、断熱材はこの地域の主流の10Kのグラスウール(以下GW)を16KのGWに変え始めたくらいのスキルしかありませんでした。建築基準法をクリアしているからいいでしょくらい。フラット35って言ったって10KのGW入れとけば特に問題もなかったくらいの時代。
それから、長期優良住宅に関する基準・制度についての勉強を始め、何が必要で何が足りないかを調べました。今と違い、当時は長期優良住宅に関する制度ができたばかりで、今でこそWEB検索すればあちらこちらで紹介されてるが、当時はニュースサイトが最初に出るくらい世間に浸透してなくて、私自身も長期優良住宅やりたいけど、自分に出来るかどうか自信もなかった。
それがある工務店で実際に現場見学させてくれて、申請関係の書類一式コピーしてくれました。その工務店は、社長さん自ら現場に出るくらいの規模の会社です。
私の中で腹が決まりました。
そしてやるからには、全ての新築物件を長期優良住宅で臨もう。
その日のうちに、私に足りない所を埋める物を手配し、直近の物件を長期優良住宅で建築させてほしいと施主さんにお願いをして了解を取りました。メリットもデメリットもあいまいなまま、見切り発車を許してくれた施主さんには、本当に頭が下がりましたし、今でもOB宅訪問に使っていいよと言ってくれます。
業界の会合に行っても、長期優良住宅の話ばかりするので、ミスター長期優良くんとか揶揄されたこともあります。
ここ最近、断熱材や窓のレベルが上がり、住宅の断熱仕様も無理なく4等級取れる様になってきたので、後は耐震等級だけ意識すれば長期優良住宅レベルの住宅になります。

実績だけ言えば自社物件・設計物件を平成23年から7年で13棟(内6棟自社物件)の長期優良住宅に携わる事もできました。大して誇れるほど多くない棟数ですが、この13棟の全ての物件の構造計算・断熱計算から申請・認定取得まで私自身が行い、この住まいの物語のまえがきを描かせていただいた様な感じです。

私の所に相談に来られた一般の方には、『私はWB-HOUSE+長期優良住宅でしか新築しません。』と最初に伝えています。
私の説明が不十分で認定取得や長期優良住宅を理解して頂けずに、長期優良住宅仕様なら、同じでしょうと失注したことも。父とも『施主さんに判ってもらえないで失注するくらいなら、WB-HOUSEも長期優良住宅の認定取得もやめればいい』『WB-HOUSEも長期優良住宅の認定取得もしないのなら、これまでのお客様への裏切りになる』と口論もしました。
それでも自分を曲げることは出来ないのは、子供のころからアレルギー性鼻炎に苦しんでいたことがあり、WB-HOUSEがシックハウス症候群の緩和の手助けになる事、2011年3月12日午前4 時栄村の震度6強、その二日後に応急危険度判定に、一月後に住宅相談としてボランティアで現地入りして、実際に災害後の現状を目の当たりにしているからこそ知っている耐震性能の大切さ。
予算に応じて建物の耐震性能を決めるべきでないという思い。
予算があり、お金のある方は何でもいいんです。お金があるんだから。
でも、30年35年の住宅ローンを組んで建てる大切な1棟のお客様に対して、予算がないのであなたの物件は耐震性ギリギリですとはとても言えないですし、僅か数万円の申請料の予算が建築費用から捻出できないとは思えないからです。
長期優良住宅の認定の有無だけで得られるメリットは雲泥の差なんです(その秘密はお客様だけに)

私の実家は、冬は薪ストーブで家の中を暖かくしています。人は暖かい所が居心地いいんだと思います。しかし40年前の住宅です。
断熱性能は当時少し頑張ってある住宅ですが、現在のような基準がない時代(その当時は無断熱の住宅がほとんどの時代)の断熱仕様の為、火が消えると室温を維持出来ず室温は下がります。住宅機器を少し新しくする位ではさっぱり光熱費は下がりません。大工の家の薪ストーブ、燃料代はタダと思われがちですが、そんなこともありません。凝り性の父は、松脂はストーブを痛めると言って建築廃材を燃料にしません。
ストリップリフォームで外皮性能上げないと省エネの根本的解決にはならない、それが僅か40年前の住宅の現実です。

私、一大工としての夢は自分がこの世から居なくなった後にも、一線級の性能(耐震も断熱も含め)が維持できている住まい、自分の残した建物が現役で必要とされ続ける事、願わくは私が父より引き継いでいるお客さまも含め、自分の意思とお客様を引継ぐ大工を育てる事が出来ればと思っています。

私、矢嶋一也は家族が安心して暮らせる住まい【快適で災害時にも対応できる長寿命住宅】を一緒に考える大工・工務店となり、お客様と家づくりをしていきたいのです。

無料個別相談 随時受付中
ページのトップへ戻る