[木材の達人] | 住まいづくりの情報サイトe-house

  1. home
  2. 木材の達人
  3. 木のコラム
  4. 程よい湿度に保って快適

木材の達人「コラム」

程よい湿度に保って快適

木の家の住み心地がいいといわれるのは、木による調湿作用があるからだといわれています。湿度が高いときには空気中の水分を吸収し、逆に低いときには水分を放出し、適度な湿度を保つ働きをしてくれるからです。
この木材の機能は、特に高温多湿の夏や乾燥する冬に効力を発揮し、快適な住環境をサポートしてくれます。ジメジメ、カサカサといった不快感がなくなるだけでも、木をインテリアとして使う効果は大きいといえるでしょう。