[木材の達人] | 住まいづくりの情報サイトe-house

  1. home
  2. 木材の達人
  3. 木のコラム
  4. 森の課題

木材の達人「コラム」

森の課題

森は炭酸ガスを減少させたり、固定化させる以外にも、山の保護、水の保持、美観、土壌の生産といった数多くの役割を担っています。
「木材の生産」は、その中の一つの機能でしかありませんが、木材生産を目的とした人工林の管理を適切に行わなかったり、放置してしまうと本来の森林の役割が果たせなくなるばかりか、森林の荒廃を招くことにもつながりかねません。
一方で、これらの人工林にも課題はあります。戦後の住宅建設で伐採され、次いで植林されたスギやヒノキ、カラマツといった建築用材が国内各地の森林で伐採期を迎えています。
かつて日本の復興を支えた膨大な量の建築資材が、今では安価な外国産材に押され、伐採できない状況にあるのです。
工業国でありながら、多くの自然を残している「日本の自然」を守る意味でも、この森を活性化させ、〝環境との共生〟を図っていくべきと考えています。そのためには、木造住宅や無垢の床材、壁材といった建築資材への活用が求められています。