会社案内/シガオータランバーお問合せ/シガオータランバー

住宅事業部


1.家全体を覆う断熱材

家の外側をすっぽりと覆うので断熱材のキレ目が少なく、室内の熱を保ちます。

2.SC小屋裏ダンパー閉鎖

SC小屋裏ダンパーを閉めきることで気密性を高め、家の中の暖気を逃がしません。

3.インナーサーキット

あたたかい空気が上昇する特性を活かして、家の中に暖気をめぐらせます。

4.アウターサーキット

結露の原因となる壁の中の湿気を排出します。

5.SC床下ダンパー閉鎖

SC床下ダンパーを閉めることで冷気が入るのを防ぎます。

6.SC小屋裏ダンパー開放

SC小屋裏ダンパーを開放することにより、インナーサーキットを通って小屋裏に集まった熱気を外に逃がします。

7.インナーサーキット

壁の中に空気の流れをつくり、たまった熱気を外へ排出します。

8.アウターサーキット

太陽熱による熱気を外へ逃がします。

9.SC床下ダンパー開放

SC床下ダンパーを開けることによって、風通しがよくなり、開放的な住宅になります。




外断熱

家全体を断熱材で覆い、冬でも家の隅々まであたたかく包みこむ技術。

優れた断熱性に加えて、気密性にも優れた外断熱。居室はもちろん小屋裏や床下も保温でき生活空間として使える場所が広がります。たとえば家中がリビングのあたたかさで包まれる、といったイメージです。また室内や屋内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、サラッとした室内空間とともに、家の長寿命化にも貢献します。

二重通気

躯体に設けた二重の通気層で、夏の室内にこもった熱や湿気を逃す技術。

二重通気の特長は、室内の調節に自然の力を利用するところ。二本の通気層をめぐる空気が熱や湿気を排出し、さわやかな住みごこちに変えてくれます。また二重通気がない外断熱の家に比べ、冷房に頼ることが少なくなるぶん、体に優しく健康的な家と言えるかもしれません。冷暖房費のコスト節約にもつながります。