中島工務店のプランニング

コンセプトプラン

ひとつの空間に3つのコーナーをつくる

一つの空間に3つのコーナー

ひとつの空間を3つの機能で構成すると、その空間はとても自分らしくなります。ここでは、従来のベッドルームにリビングコーナーと書斎コーナーという2つの機能をプラスして、空間の質を格段に高めています。

家族の将来を見据えて空間を設計する

将来を見据えて空間を設計

家族の成長やライフスタイルの変化をあらかじめ考慮した順応性の高い空間を提案します。洋室1は、子どもの小さいときに夫婦のベッドリビングとして広々と使うことを想定して設計。将来2ベッドルームに仕切ったときにも使いやすいように、空間のカタチに配慮しています。

将来の主寝室は収納力を高めておく

将来の主寝室は収納力を

洋室1を子どもたちに明け渡したときに夫婦のベッドルームとなる洋室2は、書斎としても使える大きめのウォークインクロゼットをしつらえ、機能性を高めておきます。これもまた、将来への配慮です。

半屋外空間をつくる

半屋外空間の設置

雨が多く、陽射しの強い我が国では、半屋外空間のしつらえは機能的にも有効であり、住まいづくりの大きな魅力のひとつです。ここでは、主寝室と連続して大きなバルコニーを設け、リゾートのように気持ちいい空間を描いています。

暮らしを外に開放する

暮らしを外に開放

家の中のようにつくられた外、外と同じようにつくられた内、家の内と外との境界を曖昧にすると住まいはとても楽しくなります。ホームパーティに遅れた友人がここから上がったり、お土産をもったパパが現れたり…。玄関を通らずに庭から家族のいる場所に直接入れるスタイルが暮らしの幅を広げます。