HOME > 耐震診断の流れ

耐震診断の流れ

NPO法人三重耐震マイスター倶楽部では、既存住宅を対象とした耐震診断、耐震改修を行っております。今お住まいのお家に不安のある方や詳しく知りたい方は、当倶楽部にご相談ください。

1.現地事前調査

1.現地事前調査
  • □ 県や市で公開している、地形図や地盤危険度図を入手します。
  • □ 近隣で行われた地盤調査データを確認します。

2.現地周辺調査

2.現地周辺調査
  • □ 現地周辺のブロック塀・外壁の状況を調べます。
  • □ 昔から住んでいる方への聞き取りを行います。
  • □ 地下水の水位が高いかを調べます。

3.建物外周調査

3.建物外周調査
  • □ 建物の外壁にヒビがないか、床下の換気口に障害物がないか調べます。
  • □ 過去に雨漏りがあったかどうか調べます。
  • □ 屋根材の取り付け状況を調べます。

4.基礎部の調査

4.基礎部の調査
  • □ コンクリートの圧縮強度、ひび割れを調べます。
  • □ 基礎周辺の地盤が陥没しているかどうか調べます。
  • □ 基礎形状(ベタ基礎か布基礎)と鉄筋の有無を調べます。

5.室内の調査

5.室内の調査
  • □ 室内の壁が耐震に有効か、各室調べます。
  • □ 壁や柱の傾きがあるかを調べます。
  • □ 打診により下地部材を確認します。

6.小屋裏の調査

6.小屋裏の調査
  • □ 筋交いの有無と取り付け状況を調べます。
  • □ 雨漏りがあったかどうかを調べます。
  • □ 壁の下地部材を確認します。

7.床下の調査

7.床下の調査
  • □ 基礎のある位置を確認します。
  • □ 床下の換気状況、湿度状況を確認します。
  • □ シロアリの発生状況と土台・柱の下部の腐朽状況を調査します。

8.現状説明

8.現状説明
  • □ 調査した内容をご説明します。
  • □ 次回、診断報告日を決定します。

9.診断結果報告書の提出

9.診断結果報告書の提出
  • □ 写真、ビデオなどで現状の確認をします。
  • □ 診断結果の説明を行います。
  • □ 補強提案・アドバイスを行います。

※当倶楽部は、住まいの構造改革推進協会の基準を参考に耐震診断を行っておりますので、他団体等との耐震診断に多少の違いがあるかもしれません。予めご了承下さい。

三重耐震マイスター倶楽部へのお問い合わせ
ページトップ