1. home
  2. 住まいの工法
  3. 新工法

新工法とは?

在来工法の欠点を補った木構造

新工法と一口に言っても、在来工法や2×4工法を応用・発展させたものや、鉄やコンクリートパネルを組み合わせてもの、まったく新しい発想のものなど多種多様なのじゃ。
最近では、耐震性や快適性、工期短縮などに優れた工法が多く開発されておる。各工法とも知恵を凝らしており、今後も開発・改良が進むであろう。
どの工法がいいかは、選ぶ側の希望をしっかりまとめておくことが必要じゃ。
ここではまず「ウィンウッド工法」を紹介するぞぃ。
木造住宅とは骨組みが木でできているものをいうのじゃが、阪神淡路大震災や、新潟県沖地震などを見ると、大地震に耐えるだけの構造になっていないものもあったようじゃが、一部では骨組みのつなぎや組み合わせ部分が折れてしまったり、外れてしまうことで家が倒れてしまった、という現象が確認できたのじゃ。
木造住宅を進化させたものがこの「ウィンウッド工法」なのじゃ。これは骨組みの接合に丈夫な金物を使い、集成材を使うこと、さらに工場生産とすることで、精度の高い骨組みを作ることができるようになったのじゃ。
家を建てる人には安心を、建てる大工さんには精度が高いままで工期を短くできる、みんなが満足するような工法なのじゃ。 こういった木と金物を組み合わせた工法は何もウィンウッド工法だけじゃなく、多くの住宅メーカーでも同様の工法が使われておるのじゃ。それだけ骨組みの精度、安心感は重要だということじゃのう。
また一般的に建てられる木造住宅では大きな空間を作ることは材料強度からして苦手なのじゃ。
「木材じゃ無理だから鉄を使っちゃおう」というのがここで紹介する「テクノストラクチャー」なのじゃ。これは梁(はり)と呼ばれる部分に鉄を使って、強度を出していながらも、木造住宅にある木の風合いを保っている、ちょっと変り種な工法ともいえるかもしれんのぅ。
また精度の高い構造体に組み合わせて使う「NPパネル」や高気密高断熱住宅などもあるから、自分にあった工法は何かをしっかり考えて選択するのじゃぞ。

住宅メーカーでも採用されているこの工法は、今後住宅工法の主流の一つになるでしょう。