1. home
  2. 住まいの工法
  3. 木質パネル工法

木質パネル工法とは?

工場生産で品質が確保されやすい工法

木質パネル工法とは、建物の構造体となる床・壁・天井を規格化したパネルとして工場で生産し、現場に搬入して組み立てる工法なんじゃ。
その床・壁・天井のパネルの芯となる枠材に木材が使われるところから木質パネル工法と呼ばれているようじゃ。
パネルには断熱材を加えたものや、電気の配線を行なったものなどもあると聞く。
 パネルの種類は、工場での生産効率を考えると少ないほうが良い。そのため数種類に限定しているようじゃ。
 なに?「木質パネル工法って、軸組工法?それとも枠組壁工法?かって?」ウ~ム、構造形式としては壁構造となるな。枠組壁工法すなわちツーバイフォー工法と構造原理は同じと考えてよい。
どちらも枠材に合板を貼り、合板によって地震や台風など横から受ける力に抵抗するのじゃ。
違いといえば、ツーバイフォー工法が、枠材に合板を釘打ちするのに対して、現在日本で行われている木質パネル工法は、合板を接着剤で枠材に固定するという点のようだ。それと枠材そのものもツーバイフォー工法の枠材より細いようじゃ。 長所としては、パネル生産を工場で行なうため精度が高いことや、現場作業が少なく、工期が短かいといったところであろう。
一方、問題点としてはパネルの設置にクレーンを使用するため、車の入らないような敷地だと難しいかもしれん。またパネルの輸送費も結構かかるようじゃナ。
 もともとは、ローコスト住宅として考え出された工法のようだが、性能的にも優れた点が多いため、今後は増えるであろう。
 どうじゃな、木質パネル工法少しは、分かってもらえたかな。

鉄骨ユニット工法

 工場で建物の空間を箱状に組立て、現場でこの箱を組み合わせる工法をユニット工法というんじゃ。工場で建物の骨組みはもとより、電気の配線やサッシの取付け、さらには仕上げまで行なってしまうから、現場での作業は少なくなる。そのため工事期間も短くて済むんじゃ。
 朝見た時には建物の基礎しかなかったのに、夕方見たら突如として家が建っていたなんて経験ないかな。正にそれはユニット工法じゃな。
 天候の影響を受けないで、工場で作られるため、施工のバラツキは少なくなる。できれば家一軒分そっくり工場で建てられれば良いと思うが、それでは持ち運びができん。そこで、いくつかの空間に分けて作るのだが、道路搬送の面で高さや幅にも限度があるようじゃ。