1. home
  2. 住まいの工法
  3. 在来工法

在来工法とは?

日本古来から作られてきた伝統工法

木造軸組み工法ってぇのは、柱と梁で建物を組み立てる日本の伝統的な工法なんでぃ。昔から使われてきた工法だから、一般には在来工法と呼ばれてるって訳よ。
昔は釘や金物なんてえものは使わずに、接合するところは継ぎ手や、仕口といったものが使われていたんだが、最近じゃ金物が発達したために、接合する箇所に特殊な形をした金物を使うようになったんだ。これだと家を建ちあげる日数も少なく出来るし、なんたって簡単なんだ。俺のような腕のいい大工にとっちゃ見せ場がなくて残念だけど、これも時代の流れとなりゃあしょうがねえや。
 建物の骨組みといやあ、柱や梁のほかに、忘れてならねえのが、柱と柱の間に斜めに入れる筋違いというやつよ。こいつは地震や台風などでも建物が倒れないように、横から受ける力に対して、しっかりと食い止める役目をするんだ.最近じゃあこの筋違いの代わりに構造用面材という合板を使うようにもなってきたんだ。そこで工法も昔ほどきっちりと分けられなくなってきたね。
 それから、木材ってえのは、鉄やコンクリートと比べて軽いわりに結構強い。だから大きな空間だって作れるのさ。その上鋸で簡単に切ることも出来れば、釘を打つことだって出来るんだ。だから構造材だけじゃなく仕上げ材にだってつかわれるんだ。
それに、なんたって木造住宅ってえのは、住む人に優しいやね。えっ俺とどっちが優しいかって?知れたことよ。まあ俺のことはいいとして、日本のように湿気の多いところじゃ、木が湿度を調整してくれるから、住みやすいし、体にもいいんだ。
 ところでこの間、俺のところにこんな質問があったんだ。「木は腐るし燃えるから在来工法は弱いんじゃないですか?」ってんだ。おいおい冗談言っちゃあ困るぜ。確かに、木は腐りもすれば燃えもする。だがな東大寺や法隆寺を見てみろってんだ。あれは正真正銘、まじりっけなしの木造だぜ。ちゃんと手入れさえすりゃあ、そう簡単に腐ることはねえんだ。
 それから木は燃えるって言うけど、これも少し違うんだな。木の太さが細いと確かに燃える。ところがだ、太くなると逆に燃えなくなるってこと知ってるかい?木の表面が炭化して芯の方を保護するんだな。だからよ、最近になって木は見直されて、体育館のような、でかい建物も木造で建てれるようになったんだ。
こんなこと俺はとっくの昔に知ってたけどよ。じゃあまたな。

「木造軸組工法」、「在来軸組工法」、「軸組構法」とも呼ばれますが、どれも同じものをさします。材種としてはスギや桧の国産材、米松、ヨーロッパ、ロシア産の集成材などが主に使われております。

木の特徴を生かして、クリやヒバ、桧を土台に使ったり、ねばりのある松材を梁に使うなど、自然に育てられた材料をうまく使おうとする先人の知恵が在来工法にはあります。