1. home
  2. 住まいの工法
  3. 2×4工法

2×4工法とは?

材料から作り方まで輸入された木構造

ツーバイフォー工法とは、正式には枠組壁工法といわれ、ジャパーンでは「木材で組まれた枠組みに構造用合板、その他これに類するものを打ちつけた床及び壁により建築物を建築する工法をいう」と定義されてまーす。
 つまり木造軸組工法が、柱と梁によって荷重と外力に抵抗するのに対し、ツーバイフォー工法は、床・壁・屋根が構造面として荷重と外力に抵抗するのでーす。
 この工法は私の故郷のある北アメリカで広く用いられている工法で、特に壁の下地に使用される木材の寸法が2インチ×4インチ(実寸法は2インチ×4インチではない)の製材を使用していることからツーバイフォー工法と呼ばれるようになったのでーす。  ジャパーンで一般の工法として誰もが設計・施行できるようになったのは昭和49年からで、ジャパーンでの歴史はそれほど古くないですが、いろいろと優れた特徴があるのでーす。
 まず、地震に対して剛性が高いことでーす。軸組工法の筋違いと同じ役目を構造用合板が受け持つことになるのでーす。
 さらに、断熱性に優れてまーす。壁・床・屋根それぞれの枠組みの間に断熱材を入れることで、家中を断熱材でくるんでしまうのでーす。その為、外気の影響を少なくでき、夏涼しく、冬暖かい環境が確保されるのでーす。
 また、火にも強いでーす。壁の室内側には石膏ボードで覆い、室内からの出火を防ぐだけでなく、万一、出火しても隣の部屋に延焼しないように各構造部材がファイアストップ材としての働きをするんでーす。
 そのうえ、ツーバイフォー工法は施工が合理的でーす。ツーバイフォー工法で使用される構造材のサイズは一般的にはわずか6種類程度と少ないことのでーす。これだと材料の使い間違いがおきにくく、材料の使いまわしもできるというものでーす。  更に、構造体の接合はほとんどが釘と金物の接合だから、フレーまーの技術の差が出来栄えにあまり影響されないといった点などいろいろ良い点があるのでーす。

設計方法を確立した形で国内に導入されたため、構造的にも安心な2×4工法。輸入住宅にあこがれる人も多く、今後もこの工法で建てられる住宅が数多くあるでしょう。