住まいを建ててから一番心配なのはアフターサービス。急なメンテナンスや住まいに何か問題が起こったとき、迅速かつ丁寧な対応をするには地元に限定して住まいを作ることが必要と考えます。私たちは施工範囲を限定することで、アフターフォロー万全、対応の早さを自慢として、地域に根ざした、そして皆さまに頼りにされる工務店をめざしています。

のざきでは木にこだわった特徴ある住まい(柱や梁を見せる、壁の内装で使う)を作っています。また吹抜けを設けた開放的な空間づくりを特徴の一つだと考えておりますが、新しいものを積極的に取り入れることも特徴の一つだと考えております。
新商品や、新しい技術を社内で研究・調査し、快適な暮らしに役立つものをお客様にあわせてご提案しています。


木材の達人 私たちの施工例が「木材の達人」に掲載されています!

木の性質をよく知る私たちはお住まいになる皆さまのことを考えて、床や壁、天井といったところに無垢材を使います。木は室内空間の湿気を調整するだけでなく、目にやさしく、温かなイメージを与えてくれるいい材料。快適な住まいを創るために私たちは無垢材を多用しています。

SRC基礎は必ず作らなければならない「基礎」(コンクリート)を蓄熱体として、それを暖房に活用するという方法。夏は涼しく、冬暖かな住まいとなります。
省エネ効果が高いだけでなく、1階のトイレや廊下、台所、どの部屋も暖か。「ヒートショック」と呼ばれる急激な温度変化がなく、安心してお住まいいただきます。

室内において、暖かな空気は上昇するため、一般的には吹き抜けがあると冷暖房効率が下がり、冬は寒くなってしまいます。私たちは普段の施工をキチンと行うことで「気密性」を高め、さらに断熱、防音効果の高い「ペアガラス」(密閉された空気層を含んだ2重ガラス)を使うことで快適な住環境を作り出しています。

のざきでは自社設計、自社施工を行っています。これは皆さまに安心して住んでいただきたい想いによるものです。無理な設計から生じる住まいの欠陥を未然に防ぎ、確実な施工を通して安心を与える、これが今まで私たちが行ってきた住まいづくりの基本です。


私たちが施工したすべての物件には「60年継続点検保証」を行っています。

地域密着の工務店ならではのサービスはやはりアフター。担当者が一貫して設計から工事まで見るだけでなく、アフターも同じ担当者が行います。